• Florilèges-s

オーナメントの作り方-2

最終更新: 1時間前

日本ヴォーグ社より出版の『大人のカルトナージュ』P.31に記載の簡単オーナメントを

こちらでは、写真付きでより詳しくご紹介しています。



小写真、右端のフレームオーナメントの作り方


※オンラインショップにて販売の「フレームオーナメント3種セット」を使用しています。


作り方は何通りかありますが、こちらでは、フレームから覗くジュイの柄を楽しむことを 1番の目的にした作り方です。

上段左より、楕円フレーム、段差パーツ(長2短1)、楕円(大)土台 下段左より、長方形フレーム、段差パーツ(長2短1)、長方形(大)土台 ※右端の楕円(小)と長方形(小)は、使用しません。

接着剤は、カルトナージュ用ボンドがおすすめですが、なければ木工用ボンドにフエキのりを少し足したもので代用できます。写真のように段差パーツをフレームに貼りつけます。

フレーム厚紙を型紙にして、1~1.5cmののりしろをつけて布をカットします。

布の裏に楕円及び長方形のフレームを貼ります。へらで布のオモテからしっかりと押さえて、浮きが出ないようにします。(アイロンをさっと当てると、ぴしっとくっつくのでお勧めです。 )

写真のように、厚紙の方をオモテにして、各フレームの内側に1cmののりしろをつけて中を切り抜きます。

楕円フレームののりしろは、内側・外側共に1mm残して△の形にカットし、長方形フレームの内側ののりしろには、四隅に切れ込みを入れます。


長方形フレームの外側ののりしろの処理は、『大人のカルトナージュ』P.59の「角処理3-プラス1mmカット」をご参照ください。

【長方形フレームの作り方】


まず内側ののりしろを広げて厚紙に貼り、外側の左右ののりしろを貼ります。

次に上下ののりしろのコーナーを少し内側に折り込みます。

角に△に飛び出る部分ができますので、先にハサミでカットして上下を貼ると、厚みが出ないできれいな仕上がりになります。長方形フレームの角処理は、『大人のカルトナージュ』P.60-工程32~33、 P.63の「角処理3」をご参照ください。

上下ののりしろを貼ったら、すぐにヘラで押さえ、段差もヘラでくっきりと出しましょう。

土台に貼る布の柄は、フレームから覗く部分ですので、布が白地や薄い色の場合は、本来の色がきれいに出るようにコピー用紙で化粧貼りをしましょう。


楕円形で土台の化粧貼りのやり方をご説明します。

あとで吊り下げ用のリボンを貼るので、厚紙のセンターラインがない面にボンドを塗って貼ります。

コピー用紙はしわになり易いので、貼ったらすぐに裏返して、コピー用紙側からヘラでしっかりと押さえます。

オーナメントの作り方-1で紹介した、ふっくらオーナメントと同様、土台厚紙を型紙にして、楕円・長方形共に1~1.5cmののりしろをつけて布をカットします。

【ポイント】 布をカットする前に、上からフレームを当ててお気に入りの柄がフレームから可愛く見えるように柄の配置を確認しましょう。

厚紙の化粧貼りした面に布を貼り、フレームの時と同様にカット処理をしてのりしろを貼ります。

出来たフレームと合わせてみるとこんな感じになります。

成形した土台厚紙の裏上部中央に吊り下げ用のリボンをつけ、水貼りテープで補強します。

成形した土台厚紙を型紙にして、ケント紙に型を取り、その線より1~2mm小さくカットします。布は、そのケント紙に1cm弱ののりしろをつけてカットします。


布のウラにケント紙を貼りますが、写真のように、思い出に残しておきたいお気に入りの布をうまく組み合わせて貼るのもいいですね。

のりしろを貼って、土台厚紙のウラに貼り合わせます。

長方形フレームも同様にします。ケント紙を貼った布の角処理は、 ケント紙には厚みがなく、この角は外側から見えない部分なので『大人のカルトナージュ』P.55の「押切りカット」で処理します。


フランスのカルトナージュの本では、この角にできる余分な布の△のことを「ねずみの耳」と呼んでいます。その耳をカットするのは忍びないですが、根元からパツンとカットしましょう。そして、カットした部分には、刷毛に残っているボンドを軽く塗って補強し、ヘラで厚みが出ないようにしっかり押さえます。

段差パーツの部分にボンドを塗り、土台とフレームを貼り合わせたら完成です。

飾る前に、重石をしてしっかり固定します。私のお気に入りの重石はAtelier Petit Trianonさんのとてもおしゃれな重石です。カルトナージュアートさんで取り扱いされています。

大きい作品、小さい作品、角がシャープな作品、コーナーが丸い作品、どんな作品にも対応できるよう、とてもよく考えられています。

ずっと家にある百科事典や図鑑等々、重たい本を重石に使っていましたが、このスタイリッシュなウェイトと出会ってからは、押さえの待ち時間も楽しいひとときになりました。

重石で形が落ち着いたら、お好みでリボンを結んで完成です。

裏面も可愛く仕上がりました。どんなに小さくなっても捨てることのできない大好きな布は、こうやって形にすることで、いつまでも大切に取っておける素敵な思い出のある作品になりますね。


クリスマスオーナメントはもちろん、新築、独り立ち、ご結婚、赤ちゃん誕生など、色んなお祝いに添えたり、ちょっとしたプレゼントにも喜んでいただけそうですね。

長方形フレーム:

外  メゾンジュブルー 

内 モンソー公園ブルー 裏 ストライプ マルキュス ブルーベージュ

楕円フレーム:

外 リュディヴィーヌ ブルークレール 内 ディアボロ ブルー 裏 ストライプ&ギンガムチェック(私物)

今回のふっくら楕円フレーム:

外 豊穣の籠 ブルー 内 世界の四大陸 ブルー 裏 パストラル ブルー(私物)


0回の閲覧