• Florilèges*S

新入荷グッズ&生地のご紹介~♪


関西もいよいよ梅雨入り。

そして7月も間近となりました。

フランスにて仕入れてまいりましたグッズ、生地をご紹介します。

雨の季節がうきうき楽しくなるジュイの雨傘。

今回は、ブラックと新色オリーヴの二色です~♪

傘を収納できるおしゃれなミニバッグ付き。

どちらのお色も、お洋服やバッグに合わせやすく、

バッグの持ち手に引っ掛けて持ち歩くのも素敵です。

開くとこんな感じです。

雨の日が楽しくなること間違いなしですね^^

そして、この夏のジュイ美術館マダムのいちおしは、新作エコバッグです。

新色は三色 :ベージュゴールド、ブルーカナール、ターコイズ。

こちらは、合わせやすいベージュゴールド。

今回の柄は、ジョン=バティスト・ユエ デザインの中でも、

とくに、動物が生き生きと描かれた『世界の四大陸』。

そして、内側にはファスナー付きのポケットがひとつ付いています。

底面には、ジュイ工場創業者オーベルカンフのサイン。

これからの季節、鴨の青色ブルーカナールも、

明るいブルー・ターコイズも、素敵ですね。

そして、人気のブラック『クピドへの捧げもの』は残り僅かとなっておりますが、

同柄でピンクのステッチが施されたブラックバージョンも若干数入荷しました^^。

ショッキングピンクのステッチがフレンチマダム好みですね。

そして、新しい生地も入荷しております。

人気の『豊穣の籠』ですが、プリントのための型が劣化し、当分の間再販はお休みのため、

『豊穣の籠』ルージュ&ブルーに代わる生地を探しました。

こちらは、よりインド更紗の雰囲気に近い『ロンボック』。

生地幅155cm。麻56%、綿44%の中厚、上質な生地です。

こちらはルージュ。植物柄の色はオフホワイト。

どこかウィリアム・モリスのような雰囲気もありますね。

こちらは『ロンボック』ブルー。

ややグレィッシュなブルーにオフホワイトの植物柄。

こちらは『四季の喜び』グレージュパルム。

『四季の喜び』グレージュに似ていますが、

こちらの生地は、しっかりとした中厚、

ジュイには珍しいキャンバス地のような質感の生地です。

冬の場面には、スケートやそり遊びのシーン。

春には、メイポールダンス、庭仕事、夏にはピクニック、秋にはブドウの収穫。

ジュイ工場の主任デザイナー ユエが美しく生き生きと描いた柄は、

絵画を見るように楽しむことができます。

プリントも美しいですね。

しっかりとした生地ですので、インテリア茶箱や大きめの作品、

バッグやジャケット、コートなどの洋裁にも適していると思います。

こちらは、再入荷の『四季の喜び』ブルー。

こちらは、再入荷のこれまで同様薄手の生地です。

薄手の『四季の喜び』は、カルトナージュ、ランプシェードに最適。

どんな小さな柄も無駄にしたくない、繊細なデッサンの本当に美しい生地です。

こちらは、18世紀末のジュイのうろこ柄、扇柄をアレンジした

『ポンディシェリ』パープルローズ。

お色違いのオリエンタルな雰囲気のオレンジブルーと比べると、

モダンで可愛らしい印象です。

そのほか、ジュイと合わせやすい生地も入荷しています~♪

こちらは、上品な細かなギンガムチェック『ヴィッシー』ルージュ。

薄手でなめらか質感です。

こちらは『ストライプ』ラグーン。合わせやすい細めのストライプです。

こちらは『ストライプ』ローズ。

どちらもこれからの季節にぴったりですね。

このほか『水物語』ベージュクレール、

『オリエンタル植物柄』イエロー、ピンクベージュ、

『ヴィッシー』ブルークレールなども再入荷しております。

ジュイ柄雨傘、新入荷・再入荷生地は、6月30日(日)21時より

オンラインショップにて販売を開始いたします。

みなさまからのご注文を心よりお待ちしております。


0回の閲覧