カレンダー2022、ご紹介します♪

大変お待たせいたしました。

フロリレージュオリジナルカレンダー2022、完成しました。

2022年のケースは、ジュイ工場創業者オーベルカンフ夫妻の居室を飾っていた

『小鳥たち』(綿に木版プリント 1775年頃)。現代復刻生地名では『花と鳥』です。


愛嬌たっぷりのカラフルな鳥たちと、のびやかに咲き誇る花々、

間を埋める細かな地模様、、、木版による温かみあるプリントが柄をいっそう

魅力的に見せてくれます。


ケースに合わせて、リボンのお色は赤と淡いピンクにしました。

もし、お色のご希望がありましたら、ご注文時に備考欄にご記載ください。

(数に限りがございますため、ご希望に添えない場合もございます。)


ケースの蓋を持ち上げて、反対側に折り返し、内側でリボンを結ぶと

カレンダースタンドに早変わり。

今回も、私が撮りためたものの中から、ジュイとパリを感じる写真を選びました♪


1〜12月まで簡単にご紹介します:


1月:パリの蚤の市ヴァンヴで見つけた古い絵葉書。

100年以上前に交わされた新年の挨拶。BONNE FETE 2022!


2月:2016年文化村ザ・ミュージアムにて開催された

『西洋更紗 トワル・ド・ジュイ』展で展示された

マリー・アントワネットのドレスの一部。コットンプリントのドレスの

断片は、修道院に所蔵されている本の装丁に使われ、大切に保存されています。


3月:パリの朝食。オペラ・ガルニエに向かって左、歴史あるカフェ 

グラン・カフェの朝食は、搾りたてのオレンジ・プレッセ、クロワッサン、

パン・オ・ショコラ、そしてもちろん、カフェオレ!


4月:『バラとチューリップ』(綿に木版プリント 1798年頃)

トワル・ド・ジュイ美術館蔵

チューリップの花弁の瑞々しさ、柔らかな表現、

当時の木版職人、プリント技術の高さに驚くばかり。


5月:観光客をいっぱい乗せて、セーヌ川を行くバトー・ムーシュ。

一日も早く、この光景が日常となる日が来ますように!


6月:2016年『トワル・ド・ジュイ』展開催時、渋谷・東急百貨店の

ショーウィンドーに飾られた色とりどりのジュイグッズ。


7月:ヴァンヴの蚤の市で見つけた19世紀後半、または20世紀前半の

ブルーが爽やかなトワル・ド・ジュイ。

青い染料は褪色しやすいため、18世紀のプループリントが残っていることは

珍しいそうです。


8月:パリ5区、リュクサンブール公園はパリ市民の憩いの場。

ヨットとスティックをスタンドで借りて、池に浮かべ、棒で一押し。

あとは風任せ。。。池の周りでは、のんびり日光浴したり、読書したり、

おしゃべりしたり、、、。公園は、8月のバカンスシーズンになると、

パリっ子に代わって観光客でいっぱいになります。


9月:秋の柔らかな日差しの中のペルメルと秋紫陽花。

ペルメルには美しい『豊穣の籠』ブルー。テーブルには、19世紀の

メゾン・ブラクニエ『女神とライオン』。


10月:窓辺のフォトフレーム。

廃番となってしまったシノワズリ『明王朝』グレーボルドー。

ジュイ柄織リボンを飾ったリースと共に。


11月:パリ・サント・シャペル教会の荘厳なステンドグラス。

その圧倒的な美しさに、誰もが言葉を失います。


12月:トワル・ド・ジュイ美術館のアイドル ジュイのトナカイさんから

JOYEUXNOEL 2022! どうぞ楽しいクリスマスを♪


カレンダー一枚一枚は、両サイドの日にちの部分を縦にカットすると、

メッセージカードとしてお使いいただけます。

そして、さらに、プラス2枚 絵葉書が付いています。


今回の絵葉書は、「ヴァンヴの蚤の市で見つけた戦利品いろいろ」と

同じく「ヴァンヴで見つけたアンティークジュイ」。


実際には、写真真ん中の三枚(地に柄のプリントのあるもの)は、

ジュイ工場のデザインではなく、ナントやノルマンディ、アルザスの

コットンプリント生地。今日では、ジュイ工場以外で製造された

コットンプリント生地も、トワル・ド・ジュイとして称されることが

多く、蚤の市でも時々見つけることができます。


2022年フロリレージュオリジナルカレンダーは、12月5日(日)21時から、

オンラインショップにて販売を開始いたします。


2022年も、ジュイとパリを感じるカレンダーと共に、

素敵な一年をお過ごしいただけますように♪








特集記事
最新記事
カテゴリー
タグから検索
まだタグはありません。
リンク
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
RSS Feed