Galette des Rois 2019


あけましておめでとうございます。

旧年中のご愛顧、ありがとうございました。

ますます素敵なジュイをご紹介してまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、フランスでは、1月6日は公現祭。

エピファニーÉpiphanieと呼ばれるキリスト教のお祭りです。

当方の三賢者が星に導かれて、ベツレヘムの馬小屋で生まれたイエス様を

贈り物を持って訪問、礼拝したことを祝う日です。

最近では、この日のお菓子ガレット・デ・ロワは、日本でも大人気ですね。

一年に一回のお菓子、一日遅れですが、私も焼きました~♪

シンプルで素朴なお菓子ですが、サクサクのパイ生地に

しっとりとしたアーモンドプードルのクリーム、温かいうちにいただくと、

一切れでは物足りない美味しさです。

フランスのマダムから伝授いただいた簡単レシピを

日本で作れるようアレンジしましたので、ご紹介しますね:

材料:冷凍パイ生地(スーパーで売っているものでOK)

   アーモンドプードル 140~160g

   無塩バター 100g

   砂糖 120g(グラニュー糖、とうきび糖、なんでも。今回、私は素精糖を使いました。)

   卵 3個(うち1個は卵黄のみ、小さじ1の水で伸ばしてテリを出す用に使用)

   ラム酒 大さじ1

1)パイ生地を直径25cmほどの円形に、二枚伸ばす。

2)室温またはレンジで柔らかくしたバターと砂糖をボールに入れ、よく混ぜ合わせる。

3)卵2個を混ぜ、2のボールに何回かに分けて入れてよく混ぜ、そこにアーモンドプードルと

ラム酒も入れ混ぜ合わせる。

4)オーブンを180度に温めておく。

5)1で伸ばしたパイ生地の一枚をオーブンシートを敷いた鉄板の上に乗せ、

水溶き卵黄を薄く塗る。

6)卵黄を塗ったパイ生地中央に3のクリームを乗せ、伸ばす。外周幅2㎝ほどは空けておく。

※フェーヴを入れるときは、ここでクリームの中に忍ばせてくださいね!

7)残り一枚のパイ生地を6の上にかぶせ、上下の縁をフォークでぐるりと押さえて、

よくつける。

8)パイ生地にお好みの模様をつけて、水溶き卵黄を薄く塗る。

9)180度のオーブン下段で20分ほど、上段で20分ほど焼く。(オーブンによって調整要)

粗熱をとってから、温かいうちに召し上がれ。

冷めたときは、オーブントースターなどで温めてから召し上がってくださいね。

フェーヴ(Fève)はもともとはそら豆だったそうですが、

今では可愛らしい陶器製のものが主流ですね。

アーモンドプードルクリームの中にこっそり忍ばせるのも忘れずに!

私は、お気に入りのメゾン・ド・ショコラ30周年記念のリボンフェーヴ を入れました。

ガレット・デ・ロワを焼くと、お正月気分も終わって、

いつもの日常が戻ってきたな、と感じます。

さて、そろそろクリスマスツリーを片付けましょうか^^

お正月行事がないフランスでは、公現祭が終わると、

もみの木のお片付けが始まります。

にぎやかだった毎日が終わって、ぼくにも日常がもどってきたよ。

「しまどら」にはさまった「あんこ」アレン。

ぼく、柴犬アレンも、どうぞよろしくお願いします~♪

静かな日常が戻って、あどけない表情ですやすや眠るアレン、、、

我が家の究極の癒しです。

アレンとともに、今年も楽しいブログをお届けしたいと思います。

ガレット・デ・ロワ、ぜひ作ってみてくださいね~♪


特集記事
最新記事
カテゴリー
タグから検索
まだタグはありません。
リンク
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
RSS Feed