VIRONさんのおしゃれなコンフィチュール

東京渋谷と丸の内にあるBrasserie VIRON(ブラッスリー・ヴィロン)。


一階には、VIRON社のフランス小麦を使ったバゲット、クロワッサン、

パン・オ・ショコラ、ショーソン・オ・ポムなどなど、

パリの人気のパン屋さん以上に(本当です!)美味しそうに、ずらりと並んでいます。


日本一ともいわれるそのバゲットと一緒にいただきたい

美味しいVIRONさんのコンフィチュールたちがトワル・ド・ジュイのカバーを被っているのをご存知ですか?



見覚えあるトワル・ド・ジュイ。。。

そうなのです。

VIRONさんとは、実は4年前、2016年文化村ザ・ミュージアムにて

開催された『西洋更紗 トワル・ド・ジュイ』展以来のご縁で、

ずっとフロリレージュのトワル・ド・ジュイをカバーに

お使いいただいています。


2016年ジュイ展では、展覧会とのコラボ企画で、VIRONさんは

ジュイのカバーを被せたコンフィチュールを販売されました。

展覧会のミュージアムショップでも販売されていましたので、

覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?


このコンフィチュールカバーに使用するトワル・ド・ジュイを

フロリレージュにてご用意させていただいたのですが、

嬉しいことに、展覧会が終了した後も、ずっとフロリレージュの

トワル・ド・ジュイを使って、コンフィチュールカバーを

被せてくださっています。


先日、納品させていただきました折に、フロリレージュの

お客様にご紹介させていただいてもよろしいですか?と

伺いましたら、ぜひに!とご許可いただき、写真をお待ちしておりましたら、

なんと、実物が届いてびっくり。。。



そして、そのあまりの可愛さにきゅん!

ぜひぜひトワル・ド・ジュイファンのみなさまにご紹介を、と

思いつつ、12月となってしまいました。


でも、ここは前向きに、Positive thinking!

12月といえば、贈り物をあれこれと選ぶ楽しい月ですね。

ジュイ好きのお友達、フランス好き、食いしん坊さんに、

もちろんご自分用に、

ジュイカバーの美味しいコンフィチュールはいかがですか?


VIRONさんのコンフィチュールには、余計なものは一切入っていません。

保存料も酸味料もペクチンもなにも。

素材そのものの味を楽しめる本物のコンフィチュールだと思いました。

それは、実は、VIRONさんのパンにも、2階のブラッスリーでいただいた

お料理にも感じたことです。

フランス以上にフランスを感じるパンやお料理の数々。

今では、パリでもこんなトラディショナルなフランス料理を出してくれる

お店は少なくなっています。

私は、VIRONさんに古き良きフランスを強く感じます。


そして、忘れてはならないVIRONさんの焼き菓子!

私はクッキー類をあまり食べませんが、

VIRONさんの焼き菓子は、口にしたら止まらなくなります。

ガレット・ブルトンヌは、ブルターニュで食べたガレットよりも美味しい♪

丸くて平たいサブレ(多分、サブレ・ド・ボース)は、

気が付いたら袋の半分を食べてしまっている始末。


上の写真は、私がガレット・ブルトンヌをコンフィチュールと一緒に

並べてみたものですが、

いろいろな組み合わせでセットしてくださることと思います。


なかなか旅にも行けないこの年末年始。

VIRONさんのコンフィチュールや焼き菓子で、

味覚の旅に出るのはいかがでしょうか?

ジュイ好き、フランス好きのお友達へ、本当のフランスを感じられる

美味しくておしゃれなプレセントに、いかがですか?


VIRONさんのシンボルカラーのスタイリッシュでしっかりとした赤のボックスに

セットしてくださいます。


VIRON渋谷店

東京都渋谷区宇田川町33-8塚田ビル 1F

03-5458-1770

ご注文はお電話でも受け付けてくださいます。


お店では、今は持ち帰り(食べ歩き用)クレープが大人気だそうです♪


BON APPETIT!




特集記事
最新記事